【熱海は花の街】ジャカランダが咲き始めています

1月には熱海梅園で梅が、そこから春にかけて日本一早く咲く熱海桜を始めとした桜が長い期間楽しめる熱海。夏を前にした6月のこの時期には、熱海の海岸線で世界三代花木の一つ【ジャカランダ】が楽しめます。


特にサンビーチ前の「ジャカランダ遊歩道」ではジャカランダの花期に合わせて【ジャカランダフェスティバル】が行われ、多くのお客様で賑わうのですが、そんなジャカランダが咲き始めていました。



そもそもジャカランダとは?

  • ジャカランダ
  • ホウオウボク
  • カエンボク

この3種が世界三大花木と呼ばれているもので、どの木も花が特徴的なのですが、別名「紫雲木」とも呼ばれるジャカランダは、その名の通り紫色の花が雲のようにまとまって咲く美しい木となっています。


熱海でジャカランダが育てられ始めたのは1990年から。約30年近くかけて立派に成長し、整備されて今では100本以上育てられているそうです。

熱海での開花期は5月下旬から6月下旬といったところでしょうか。天気の良い日には気持ちの良い日差しの中で元気よく咲いている姿を見せてくれます。
しかしながら、もともと南米産の花ということもあり、比較的温暖な気候の熱海でも露地植えで花をつけることが難しい年もあるようです。今年は無事咲き始めていました。


ジャカランダの花言葉

ジャカランダの形
横から見るとトランペットっぽく見える?

ジャカランダの花言葉は《名誉》《栄光》。
トランペットのような花の形が由来となっているそうですが、もともと樹高の高いジャカランダの木なので高らかに鳴り響くファンファーレというのも素敵な印象を与えてくれます。

さらにその花びらが頭の上に落ちると幸せが訪れるとも言われていますので、ジャカランダの下を散歩するのも楽しくなりますね。

ジャカランダフェスティバル

2019年6月8日(土)から23日(日)の間、熱海ジャカランダ遊歩道でジャカランダフェスティバルが開催されます。

期間中はフリーマーケット(期間中の土、日)やライトアップ(18:00〜22:00)が開催され、観光にいらっしゃるお客様で賑わっています。また、ジャカランダ遊歩道にはジャカランダ以外にも多種多様な花々が栽培されていますのでそちらもお楽しみいただけますよ。



アクセス

ジャカランダ遊歩道:静岡県熱海市東海岸町15